ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント インパクトHD(M6067)

リアルタイム情報

見通しコメント インパクトHD(M6067)

インド事業は予想以上です。持ち株は持続で問題ありません!

反発の動きです。一時640円高の4640円まで上昇する場面がありました。
IRが出たことで買い安心感が出たようです。
同社株についてはまだ注目している向きが売買しているだけです。
4640円から押し戻されていますが、急落した後だけに、戻り待ちの売りは相当なものになっているます。
でもそうした売りはそのうち吸収されます。
同社株については長期保有と最初からお伝えしています。長く持てば持つほど果実は大きくなってくるはずです。
インド事業が知れ渡るにつれ、株価は上がっていくはずです。

昨日のIRはこうなっています。
当社が出資するCoffee Day Consultancy Services Private Limited(以下、「CDCSPL社」)の100%出資により設立したCoffee Day Econ Private Limited(以下、「CDEPL社」)で展開するコンビニエンスストア・プレミアム業態「Coffee Day essentials (以下、「essentials」)」の1号店を8月1日にオープンいたします。8月30日には、「essentials」の14店舗が同時オープンいたします。
また「Coffee Day Fresh & Ground (以下、「Fresh & Ground」)」については、8月中に既存店の計375店舗をコーヒー豆および粉末小売店からキヨスク業態のコンビニエンスストアスタイルに業態転換を完了させる予定です。

今期中に425店(プレミアム型50店、キヨスク型375店)の出店が可能で、黒字が見込める計画です。5年以内に計2,000店舗(プレミアム型200店舗、キヨスク型1,800店舗)を出店する計画です。
こう出ています。
なおプレミアム業態店は面積100㎡、キヨスク業態のミニコンビニは同30㎡とのことです。

初年度から黒字が見込めるとはびっくりです。
出資比率は49%ですが、連結対象となるようです。
証券会社でアナリストをしていた時、出資比率が低くても重要な子会社に該当し実質的に子会社なら、連結しなけれなならない(それ以外は持ち分法適用会社となります)ということを思いだしました。
会社四季報の2019年と2020年12月期の大幅な売り上げの伸びは何だろうと思っていたら、それでした。
今後売上高は猛烈な勢いで伸びていくはずです。
持ち株は持続で問題ありません。
書いているうちにマイナスに転してきました。
(株価4030円-70円) 見切りライン1999円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制