ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 | 銘柄相談Q&A > 見通しコメント インパクトHD(M6067)

リアルタイム情報

見通しコメント インパクトHD(M6067)

インパクトHD(M6067)
インド事業が今のままでも、デジタルサイネージで上場来高値更新もありそうです!

全面安の中、安く始まってから切り返して来ました。基調が強い証拠です。
このところの動きでテクニカル的な過熱感は解消しました。
再び上値追いの動きになる可能性があり期待したいところです。
株価急伸の主因となったデジタルサイネージのことは8/21のリアル情報で詳しく説明していますので、そこをご覧ください。

インドでのコンビニ事業ばかりが注目されていましたが、今後はPISTAを含めたデジタルサイネージが脚光を浴びそうです。
ロックダウンされているインド事業が今のままでも、昨年記録した上場来高値を更新する可能性も出てきとみています。
デジタルサイネージの急拡大もあって6月中間期は売上高45.96億円(同34%増)、経常利益1.42億円(前年同期は▲7億円)と黒字浮上しました。
通期業績は未定としていますが、売り上げが大幅に伸びていることから問題は全然ないとみています。

株価は紹介時の株価(昨年9月以降、上場廃止は避けられそうだ、廃止はなくなったとして3度推奨。最初の2回は1600円台での推奨でしたが、買い値は一番高い2420円を採用)を大きく回復していますが、今回はずっと持っていた方がいいように思います。
いったん利確したら買い戻せないと思いますので。
多くの投資家は上がっている理由が分からないようです。「掲示板」を見ていても売り方の買い戻しとか(それもあるかもしれませんが)、そんなことしか出てきません。
デジタルサイネージの認知度はまだまだのようです。それの拡散が進むにつれ、株価位置は変わてきそうです。
(株価3000円+66円) 見切ライン 1884円・当面無視してください

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制