ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント アートネイチャー(7823)

リアルタイム情報

見通しコメント アートネイチャー(7823)

アートネイチャー(7823)
今期は6期ぶりの最高益となる公算も。ここは持続で!

年初来高値の860円まで上昇した後、利益確定売りに押されていますが、ここは持続で対処してください。
すでに下げ渋る動きに変わっています。

11/15の急落は10月の月次売上高が前年同月比31.3%減となったためです。
それまで9.1%増(5月)→0.6%減(6月)→10.1%増(7月)→11.4%増(8月)→42.4%増(9月)となっていたため、驚いた向きが投げたようです。
消費増税を前に駆け込み需要が発生したためですが、売り一巡後は急速に戻しています。
12/13発表した11月の月次売上高は8.4%減となっています。まだマイナスですが、減少幅は大きく縮小しています。

9月中間期は売上高201億円(前年同期比12%増)、経常利益29.41億円(同97%増)と凄いものでした。
会社四季報予想が売上高186億円、経常利益15.70億円でしたから出色の決算と言えます(同社は中間期業績は非開示)。
通期業績は売上高393億円(同3%増)、経常利益34.25億円(同3%増)を変えていませんが、進捗率からみて大幅な上振れが濃厚。
過去最高益は2014年3月期に記録した54.6億円です。駆け込み需要の反動がある程度出るとは思いますが、下期が順調なら今期は6期ぶりに最高益を更新する可能性もあります。
当時の高値は1632.50円でした。それからみてももっと上があっておかしくありません。
紹介時の株価(790円)は上回っています。
(株価827円+14円) 見切りライン736円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制