ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント アライドアーキテクツ(M6081)

リアルタイム情報

見通しコメント アライドアーキテクツ(M6081)

アライドアーキテクツ(M6081)
業績は好調で今期も最高益更新見通しです。ここは持続で!

小幅に続伸。
1:3の株式分割を実施したため株価位置が大きく変わっています。紹介時の株価(1391.6円)を少し下回っていますが、ここは持続で対処してください。

2017年1~3月期決算が売上高17.73億円(前年同期比57%増)、営業利益0.43億円(同43%減)、経常利益0.20億円(同58%減)となったことを受け、売られました。
大幅減益が響いたようですが、決算を受けた5/15日は売り一巡後、すかさず戻す動きとなっていました。
売上高の凄い伸びを見たら売るような内容ではないことが分かるはずなのに、びっくりした売りが出ていたようです。

同社は業績については通期予想しか発表しておらず、中間期については何も発表していません。
会社四季報の6月中間期予想が売上高35億円(同32%増)、営業利益2.60億円(同140%増)、経常利益2.50億円(同525%増)だったのを見て、絶望的な進捗率から一斉に投げたのが急落の要因ではなかったかとみています。
シンガポール子会社の人員増強等の先行投資を実施し費用が増加したため、と会社資料に出ていました。
通期業績は売上高80.16億円(同33%増)、営業利益6.03億円(同104%増)、経常利益5.78億円(同111%増)と従来予想を据え置いており、最高益更新は変わらないとしています。
(株価1363円+34円) 見切りライン3654円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制