ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

リアルタイム情報

荒川化学(4968)

荒川化学(4968)
出色の決算で今期は5期ぶりの最高益更新も!

小反発。
紹介時の株価(1236円)は上回っていますが、ここは持続で対処してください。
株価は1434円まで上昇した後、調整局面を脱しようかという動きになっています。

2021年4~6月期は売上高196億円(前年同期比22%増)、経常利益18.28億円(同110%増)と凄いものでした。
これを受け、中間期売上高を370億円→390億円(同21%増)に、中間期経常を13億円→17億円(同45%増)に増額修正し、通期売上高を770億円→790億円(同11%増)に、通期経常を19億円→23億円(同37%減)に引き上げました。
中間期で増額したのをオンしただけの増額であり、再増額の可能性大だと思いますが、そもそもこの会社予想は変です。
逆算したら第2四半期は売上高194億円、経常利益▲1.28億円となり赤字を見込んでいることになります。
会社資料を見たら、「予想より早く需要環境が好転、販売が上振れたため」増額したとでています。下期から回復すると予想していたのが半年早まっています。
そんなことから通期でも再増額の可能性大で、今期は2017年3月期に記録した最高益(53.14億円)を5期ぶりに更新する可能性もあり得るのではないかと思います。
信用倍率は2.45倍とやや買い長で買い残が10.9万株ありますが、「貸し株」も17万株超出ています。需給は良好です。
(株価1248円+12円) 見切りライン1177円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制