ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > マーケット解説 | リアルタイム情報 > 米大統領選でその後、分かったことです

マーケット解説

米大統領選でその後、分かったことです

メディアやマスコミはバイデン氏の大統領就任が確実になったとずっと報じていますが、法律上はまだ何も決まっていません。
メディアは何も報じていませんが、ネット上では信じられない情報が溢れています。
その後、分かったことです。

①いま問題になっているドミニオン社製の投票集計システム(全米で26州か29州だったと思いますが、それを使っています。そのシステムはいかがわしいので使ってはダメとなっていましたが、ブッシュ大統領(子)が許可した経緯があります。なおカナダは使っていません)を造っていたカナダのドミニオン社を投票日の1カ月前に中国が4億ドルで買収していたことが判明しました。
それを使って中国が選挙に介入していたとトランプ側、そしてネットで盛んに流れています。中国の習近平総書記が選挙後3回も戦争に備えよと国民に放送しているのは、米の反撃に備えたものかもしれません。

②ジヨージア州での不正投票の実態が監視カメラ明らかになりました。共和党側の集計人を水道パイプが破裂したとして帰宅させた後、民主党側の4人の集計人が台の下から大きなスーツケースをいくつも取り出し、それを集計し始めたことが画面ではっきり写し出されました。
そしてそれを何度もスキャンしていたことまでも…。そのうちの一人は女性で顔まで写っていました。
ルビー・フリーマンという方で、いま全米で最も有名な女性になっているとのことです。もう一人はそこの選挙管理責任者の娘と言っていました。

③CNNの放送に関する「社長を交えた朝の会議」の音声が選挙開始2カ月前からずっと録音されていました。それを毎日少しずつ明らかにすると米国の非営利団体「プロジェクト・ベリタス」の創始者・ジェームズ・オキーフ氏が語っていました。
TV電話でCNNのジェフ・ザッカー社長にも直接暴露すると話していました。
第1回目には…
「会社としてトランプ大統領が有利になることは一切放送しない。バイデン陣営がスムーズに政権移行できるようにお膳立てをする」。
社長と同社の花形アナウンサーがはっきりそうしゃべっていることが声を通して分かりました。

また2回目の放送では「トランプ大統領を悪しざまに表現し彼をまともな人間のようには報道しないように。トランプ大統領が失敗大統領だと報じろ。バイデンのスキャンダルは絶対報じるな」このように厳命していました。
まだ2回しか聞いていませんが、これでああもう無理だ、と思いました。CNNは業績が悪化していますが、ダメになりそうです。民主党は消滅かもしれません(個人的な印象です)。

なお「プロジェクト・ベリタス」の画面にはこう出ています。
「トランプ大統領は弾劾や暗殺される危険を犯しても国民の権利と利益を保護しようとしています。ハッカーだったアサンジは指名手配の危険を冒しても米国政府がどのような悪事をしていたのかを民衆に伝えようとしました。
そしてCIA局員だったスノーデンは追放の危険を冒しても、政府が国民を監視していることを人々に伝えたかったのです。
アサンジもスノーデンも当時はマスコミに叩かれまくっていて、多くの日本人が胡散臭い怪しい犯罪者と考えていたと思います。
今思えば、オバマやクリントンの悪事を知り人々に訴えようとして社会から抹殺されかかった人たちでした(私もスノーデン氏のことはそう思っていました)。
今思えばよく分かります。トランプ大統領のロシア疑惑は捏造だったことが判明しています。
オバマ大統領、そして民主党(?)がクリントン国務長官の不正メール疑惑を隠すためにでっち上げたことだというのが…。信じられないことですが、クリントン長官の不正メール疑惑を暴こうとした数十人(40数人だったように思いますが、定かではありません)が怪死しているのです。
トランプ大統領が捏造から犯罪者になりかかっていたフリン将軍を恩赦で開放し、政権に迎え入れるようなので、オバマ政権の闇が暴かれそうです。
とんでもないことになりそうです。

④CIA長官の逮捕について。私がよく見るエポック社では正解ではない可能性が高いと言っていますが、あるサイトを見ていたら、よく考えてみろ!。最重要人物をずっと拘束していたらすべてのことがバレたことが分かり、相手側は証拠隠滅に走る。だから司法取引で詳細を聞き出し、すぐ通常業務に復させる。その後、最高裁で一気に決着をつけるのではないかと。そんな発言だったのでなるほどと思った次第です。
これについては正確な情報はありません。
⑤今回の件は単なる選挙詐欺ではなく、中国共産党と組んだ一種のクーデターなので、国家非常事態宣言、若しくは戒厳令が出るかも知れない。
違反者、反逆者が炙り出されれるのはトランプ政権2期目がスタートしてからになる。逮捕者は数十万~90万人になるのではないか。ただこれも本当かは分かりません。

株式関連の情報ですのでこれ以上はやめます。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制