ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 米大統領と議会指導部、1500億ドルの経済対策協議

リアルタイム情報

米大統領と議会指導部、1500億ドルの経済対策協議

☆ブッシュ米大統領は17日、民主・共和党の議会指導部と電話会議を行い、個人の税払い戻しや企業向けの減税など最大1500億ドルの経済対策について協議した。 議会関係者によると、大統領はこれまで独自の案を出す意向だったが、議会と協力して景気対策の詳細を詰めることに合意したという。 下院のペロシ議長は声明で「向こう数日以内に、党派を越えた交渉を通じ、中間所得層を支援する法案で合意できるだろう」と述べた。 匿名の関係筋によると、協議中の1500億ドルの経済対策には、減税や失業者向けの支出が含まれる。対策のおよそ3分の2はファミリーを対象とした現金付与などの措置で、残りが企業向けとされる。ホワイトハウスと議会の協議の中心は、現在10%の所得税がかかっている層の税率を3%かゼロとし、減税分をリベートとして前倒し付与する案。企業向けの対策では、新たな設備投資の50%分について、税控除が受けられる、などの案が話し合われているもようだ。
大統領は18日に景気対策について演説し、その概要を示す予定。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制