ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 相場は調整局面入りした公算大です!

リアルタイム情報

相場は調整局面入りした公算大です!

これから決算発表が本格化してきますが、そうした中、相場は調整局面入りしたようです。
日足は20日線を割り込んでおり、チャートは下向きに変わった感じがします。
昨日「外国人は新興株などに目を向けてきたようです」をアップしましたが、その最初で以下のようにコメントしています。↓

日経平均が26年ぶりの高値に進んできたのに相場はそんなに強くありません。
そんなバカなと思われるかもしれませんが、日々のデータを付けていると分かるのです。
昨年12月以降の日経平均の騰落状況を見ると、12月は上昇が9日、下落が12日となっており、今年1月(26日まで)は上昇が8日、下落が8日となっています。

相場が上昇するときは上昇日数が多くなりますが、そうなっていないのです。
日経平均の12月の上昇幅は40円(22724円→22764円)、1月(26日まで)は867円(3.8%、22764円→23631円)です。
12月は膠着相場でしたから不思議ではありませんが、1月は860円も上げているのに営業日数の半分が下げているのです。ドカ~ンと上げたあと売り物に押され、ドカ~ンと上げたあとまた売り物に押される動きになっています。足元の下落は円高が響いている面もありますが、相場には力強さが感じられません。
警戒する必要が出て来たと思います。
ただ相場の地合いは良くなっていますので、心配はしていません。

外国人はここへ来て2週連続で日本株を売り越しています。1月第2週(9~12日)の売越額は316億円でしたが、第2週(15~19日)は2222億円と2か月ぶりの大きさ。上昇ピッチの速さを警戒したもの云われています。
上げすぎとみているのでしょう。
(以下省略)

高値圏にある銘柄には要注意です。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制