ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > マーケット解説 | リアルタイム情報 > 相場は上下どちらかに放れそうです!

マーケット解説

相場は上下どちらかに放れそうです!

日経平均は3か月も狭いレンジでもみ合っています。こうした中、5日線と20日線、60日線が一点に集中してきました。
これは過去5日間、20日間、60日間の売買単価がほぼ同じということを意味します。
こうなったら相場は上下どちらかに動いてきます。過去すべてがそうでしたし、前回(集中したのは2月末から3月中旬にかけて)もそうでした。

日経平均は動いていないように見えますが、そうではありません。
常にせめぎ合い引き合っているのが相場です。
今は綱引きのように力が拮抗した状態。
どこかが弱って来たらその方向へドドッと動いてきます。

チャートをみたら20日線の下に5日線が潜っていますので、常識的には下の可能性が大です。
ただ企業業績は予想以上に好調で、円・ドル相場は4月以降、上げ・下げ、上げ・下げを繰り返しています。順番からいけば今度は円安です。
円相場は114円台で天井(=円安)を付けており、安値(=円高)は108円台。
6月にかけての円高時にはこの安値を切っていないので、チャート上は下値を切り上げる形(=円安)になっています。

今後の日経平均はこの為替の動きで決まるのではないかとみています。
いま為替は1㌦=110円台ですが、これから円安方向に動いたら上値追い、円高に進んだら下放れではないかということです。
その意味で円相場には注意が必要です。

今回の決算発表では好決算でも高値圏にある銘柄は結構売られています。
高い銘柄には手を出さないようにしてください。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制