ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > マーケット解説 | リアルタイム情報 > 松井証券の昨年末の信用評価損率は30.99%ととんでもないものになったようです!

マーケット解説

松井証券の昨年末の信用評価損率は30.99%ととんでもないものになったようです!

松井証券の昨年末(日付けは特定できず)の信用評価損率(マザーズ市場)は30.99%になったそうです。
日付けは特定できなかったのですが、12月17日時点ではマイナス30.7%だったとのこと。
評価損率30%というのは聞いたことがありません。
担保が飛び退場させられた投資家も多かったのではないかと思います。
12月の新規公開銘柄が33社と記録的数になり需給が極端に悪化したこともうなった要因だと
みています。

それだけ昨年は厳しい年でした。
こうした局面の後は底入れの動きになってきます。
個人は損失が大きくまだ動けないと思いますが、そのうちマザーズ市場の動きは変わってくるはずです。
凄い決算なのに(上場来)安値圏まで下げている銘柄がゴロゴロしています。悲観する必要はありません。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制