ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > マーケット解説 | リアルタイム情報 > 最安値更新銘柄数からみても、東京市場は底を入れたようです!

マーケット解説

最安値更新銘柄数からみても、東京市場は底を入れたようです!

日経平均株価は現在、前日比209円高の19908円。
807円安の18891円まで下げてから急速に戻しています。
チャートは長い下ヒゲを引いています。
日経平均はこの1カ月ちょっとで5100円超も下げていました。
テクニカル的には売られすぎ状態で、一時は-3σ以下まで下げる「超」売られすぎ状態になっていましたので、大底を入れた可能性大です。
何度の底入れかといわれそうですが、朝一でコメントした通りの動きです。

新安値更新銘柄は3/6が701銘柄で、昨日が1254銘柄。2164銘柄中、57%が最安値になっていました。
そして本日前場が1400銘柄以上。ラジオ日経が放送していましたが、注意して聴いていなかったので数字が違うかもしれません。
が、東証1部の64%以上が最安値となっていたわけですから、この面からも底入れした可能性大です。
これからは損失を取り戻す時です。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制