ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 新興市場で世代交代!

リアルタイム情報

新興市場で世代交代!

本日の株式新聞に興味ある記事が出ていましたので紹介します。以下がその本文です。

 新興市場の主力株に世代交代の兆しが出ている。
 昨年まで新興市場の主力株と言えば楽天(4755)やSBIイー・トレード証券(8701)、DeNA(2432)、ダヴィンチ・アドバイザーズ(4314)などの名前が挙がったが、足元でこれら銘柄の存在感は低下。DeNAは東証1部へ上場し、Eトレード証は完全子会社化により7月末に株式市場を去る。
 足元、アクロディア(3823)やフリービット(3843)、ザッパラス(3770)といったフレッシュな銘柄群が新興3市場の売買代金上位の常連になりつつある。フリービットは16日、ストップ高となり、連日で株式分割考慮後の上場来高値を更新した。
 これらの共通点は、今期業績計画(アクロディアは前08年3月期推定)を上方修正済みであること。業績面での選別色が強まっている足元の相場にマッチしているほか、独自性が強く将来性の高いビジネスモデルも「新興市場らしい」(市場筋)と評価されている。一部では「積極的なIR(投資家向け広報)姿勢も共通点」(外資系証券)と評価の材料となっているようだ。
 このほか、フィルタリングソフトのデジタルアーツ(2326)、ファッションEコマースのスタートトゥデイ(3092)、FX専業大手のマネーパートナーズ(8732)あたりも、主力株候補として存在感を高めていきそうだ。

ザッパラス(3770)・・・携帯電話向けを中心に占いコンテンツを配信。会員は20代後半の女性がメーン。コマース関連など多角化戦略に着手
アクロディア(3823)・・・モバイル端末向け組み込みソフトを開発。開発費を共同開発先と折半するビジネスモデル。海外、デジタル家電向け市場に進出
フリービット(3843)・・・ネットテクノロジー分野のトップランナー。ユビキタス関連ビジネスなどが注目される。DTI買収でネット接続運用代行も本格化

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制