ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 北の達人コーポレーション(2930)

リアルタイム情報

北の達人コーポレーション(2930)

北の達人コーポレーション(2930)
順調な動きです。ここは持続で!

紹介時の株価(553円)を6%超上回っていますが、ここはもう少し持続です。
凄い勢いで成長が続いているのに決算を受け、売られる動きになっていました(7/17以降の動きです)。
今2月期の第1四半期(3~5月)は売上高19.07億円(前年同期比118%増)、経常利益4.53億円(同99%増)と驚異的な伸びになっています。
売上高36.35億円(同73%増)、経常利益11.08億円(同187%増)とする中間決算や、売上高75.89億円(同43%増)、経常利益24.030億円(同73%増)とする通期業績見通しは従来予想を変えていません。
これで売られた理由はよく分かりません。
高値圏にあったので利益確定売りに押されたのかもしれませんし、中間期計画に対する経常利益の進捗率に物足りなさがあったせいかもしれませんが、凄い成長が続いていますので、それは問題視するほどではないと思います。

8/21の493円で底は入れています。
その後、少し戻しまた押しましたが、前の安値は割り込んでいません。
本社が札幌のため、6日は北海道地震から売られた面もありましたが、日足チャートは「コマ」。「コマ」は気迷いの動きです。売られるのもどうかという見方が出て来たからでしょう。

決算発表前の7/13の直近高値からの下落率は42%超に達しており、テクニカル的には売られすぎ状態になっていました。
そのうち好実態が評価されるとみています。
信用買い残は541万株と過大ですが、「貸し株」が1042万株超出ており、需給は良好です。
(株価591円+23円) 見切りライン492円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制