ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

リアルタイム情報

会員の皆様へ

大型連休前で方向感の定まらない動きになっています。連休中に何が起こるかわからないため、持ち株を処分したほうがいいのではないかと思っておられる方もおられるでしょう。
でも米クライスラーの破産法適用で今後は悪い材料よりもいい材料が出てくる可能性の方が大きいはずです。
ですから基本的には売らなくていいと考えています。

それよりも問題とすべきは相場の流れが変わってくるのではないかということです。
東証1部が手詰まり状態に陥っているため、物色の流れが新興銘柄に回ってくるのではないかと4月28日には考えていました。新興銘柄が物色されるというその考えは今も変わっていませんが、昨日の株価急伸でその考えを貫いていいのかという疑問が出てきたのです。

昨日も「注目の厳選銘柄」は無しとしましたが、それはいま新興銘柄を買ってもし物色の中心が東証1部に向かったらどうするのかとか、東証1部銘柄を買ったのに資金が新興市場に向かったらどうするのかとか考えたからです。

相場はいい方向に来ていると思いますのでこれからは買い中心で行くべきでしょう。ただ買うのはいつでも出来ますので慌てていま買う必要はないのではないかと思います。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制