ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > マーケット解説 | リアルタイム情報 > 今後の相場のイメージです!

マーケット解説

今後の相場のイメージです!

日経平均は反騰態勢に入ろうとしています!

きのう、日経平均のフシは500円単位で変動するとコメントしました。
今回それを当てはめると下値メドは23500円前後か、23000円前後になります。
市場の雰囲気が良くなってきたので、下がったとしても下げは大きなものにはならないので、そうなるのです。

チャート分析でみた下値メドも似たようなものです。
9/7のザラ場安値22172円から10/22の高値24448円までの上昇幅(2276円)の3分の1押し水準(23689円)は破られたので、次の下値メドは半値押し水準の23310円となります。
昨日は多くの市場参加者が下げて始まると予想していたはずです。その通りになったわけですから、売りたい向きや売らなければならない向きはあらかた売ったとみられます。
そうなれば株価は反転の動きに変わって来ます。

昨日、日経平均は314円(1.3%)安と大幅安となりましたが、大幅安で始まったあとは完全に下げ渋る動きになっていました(5分足で見ればはっきりします)。
サポートラインの25日線にタッチして動きが変わった可能性が出てきたのです。

こんなことを言うのはまだ早すぎますが、日経平均はもう反騰態勢に入ろうとしています。
きょう反転(程度にもよりますが)すれば、底入れした可能性が出て来たことになります。
翌日やその次の日の動きも注視しなければなりませんが、下抜けず堅調な動きだったら目先の底を入れた可能性がより強まり、打診買いを入れる局面となります。
5週線、13週線、26週線、52週が最強の形の5、13、26、52週の順で上を向いているので、このトレンドはそう簡単には崩れないはずです(これまで何度かお伝えしています)。

反転しないで下げたときの下値メドはまず2分の1押しの23310円、そして23000円となります。
23000円を下回ったらこの相場は終了ということになります。

ただ今の相場環境を常識的に考えたら、株高がどんどん進展する状況でないことは明らかです。
弱気になる必要はありませんが、慎重なスタンスは崩さないでください。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制