ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > マーケット解説 | リアルタイム情報 > 今回の米大統領選の本質について

マーケット解説

今回の米大統領選の本質について

米メディアは勿論、日本のメディア、マスコミも今回の米大統領選のことについてはバイデン氏側のこと以外、ほとんど放送しません。
結果、みんなどうなっているんだと思っているはずです。

選挙は合法的に政権を奪い合うシステムです。
非合法で行うと革命かクーデターとなります。
今アメリカではクーデターが起こっているのです。

今回はバイデン候補が僅差で勝ったというはなしではありません。
実際は大敗していました。それも記録的大敗です。
選挙で大敗していた陣営が大勝していた現職大統領を無理やり引きずり降ろそうとしていることが今回の大統領選の本質です。
これはクーデターです。

そのクーデターに与する向きが共和党の重鎮の中からも次々に出てきており、これが国家の中枢まで巻き込み、とんでもない事態に発展しているのです。
中国共産党の関与まで明らかとなっています。世界史に刻まれる選挙となることは確実でしょう。
非常事態宣言、戒厳令が云々されているのはこうしたことが背景になっています。

数えきれないほどの不正が暴かれ、それが動画にも撮られ、メディアの悪行も録音され、バイデン側は外堀はすっかり埋まった感じです。
それなのに日本のメディアはそのことを伝えません。
きょうのラジオ日経に登場している解説者もバイデン氏が次期大統領になると信じ込んで解説を行っています。
アナウンサーは上からそのよう話してくれと言われているのでしょう。
近いうちに大どんでん返しがあるとみています。
そのときに対処できるよう頭の中を整理していてください(実は私が間違ていたりして・・・)。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制