ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > マーケット解説 | リアルタイム情報 > 中国の不動産市場についてです!

マーケット解説

中国の不動産市場についてです!

ブログに書いたのを転載しました。

当社は3/16に、「中国の不動産バブル、崩壊が近づく」と題して「マーケット解説」でコメントしました。
それが現実化しようとしています。
詳細は省きますが、当社はもう中国の不動産市場はダメだと判断しています。
そんなこともあって中国関連株は物色の対象外としていました。

中国の不動産市場はGDPの3割近くを占める巨大な市場です。単なるバブルではなく、「建てろ、建てろ、建てろ、お金は後から入ってくる、早い者勝ちだ」こんな感じの市場だったのではないかと考えています。
バブル末期の日本と同じですが、それを地方政府が一段と後押しする政策(土地売却による税収確保が目的)を採っていたため、とんでもない水準まで価格が上昇していました。

それだけなら資産を売却したら資金は回収されますが、実際は乱脈経営で、不動産以外の様々なものに投資されていました。
恒大集団はサッカー会社、リゾート、EVへも進出しましたが、みんなダメで大量の不良資産に変わっています。簿外資産は16兆円程度あるのでとも言われています。

恒大集団だけではなく、多くの買い御社がそんな風です。
こうなったらもう次の買い手が無くなってきます。いけいけどんどんで上がっていた相場です。
それが逆回転したらどうなるか。
市場そのものがポシャってしまうと考えた方がいいのではないか、最近、そのように考えています。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制