ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > リサ・パートナーズ(8924) 攻めの経営が評価される!

リアルタイム情報

リサ・パートナーズ(8924) 攻めの経営が評価される!

底値は入れたと思います。いまは底値固めの段階でしょう。7/14に6月中間期売上高を従来予想の128億円→141億円(前年比26%増)に、営業利益を5050百万円→4930百万円(同』50%増)に、経常利益を3860百万円→3850百万円(同44%増)にそれぞれ修正しました。誤差の範囲内の修正ですが、いまの不動産業界の収益環境を考えれば大幅増額修正に匹敵する修正だったと言って過言ではありません。 
外国人の評価の高い会社です。そうした会社の株価が最悪の事態を想定したような水準(PER5.1倍、PBR1.64倍)まで売り込まれています。相場が落ち着きを取り戻すにつれ上値追いの動きを強める公算大でしょう。昨日の日経新聞が地方企業に投資する300億円の投資ファンドを同社が設立すると報じました。提携先の地銀などから投資先を紹介してもらい、株式上場などで資金を回収するとのことです。06年に設立した総額約220億円の地方企業向けファンドに次ぐ第2号ファンド。資金繰りに喘いでいる普通の新興不動産会社が出来るような事業ではありません。
JPモルガンチェースオッペンハイマーの売りも不安心理の沈静化に伴い7/7以降止まっています。なおこれは暫くしてから銘柄アラカルトに乗せる予定です。(株価154000円+4500円)

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制