ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > ドワンゴ(3715) 買いシグナル続々点灯!

リアルタイム情報

ドワンゴ(3715) 買いシグナル続々点灯!

本日の株式新聞に興味ある記事が出ていましたので紹介します。以下がその本文です。

 ドワンゴが本格的な戻り相場入りを示唆する“狼煙”を上げた。株価は8日、11月13日に付けた戻り高値を更新。日足チャートでは25日移動平均線と75日移動平均線のゴールデンクロスも達成している。
 「着メロ」など音楽系を主軸に携帯電話向けコンテンツ配信を手掛ける。今後の成長事業として注目を集めているのは、コメントが書き込める投稿型動画サイト「ニコニコ動画」だ。
 「ニコニコ動画」を含むポータル事業の営業損益は先行投資負担が重くまだ赤字。前9月期は事業売上高こそ前々期比9倍に伸びたものの、営業損益は15億円の赤字となっている。「ニコニコ動画」の登録者数は11月12日に1000万人を突破。有力なインターネットメディアとしての地位を確実なものにし始めている。4日にバージョンアップした「ニコニコ動画(ββ)」の開始を発表。5日にはテレビ局やレコード会社など約120社が参加する「ニコニコチャンネル」もスタートさせている。相次ぐリニューアル、新サービス投入により、規模拡大と収益性改善を同時進行させている。
 最大の注目ポイントは黒字化の時期。会社側は来年6月をポイントとして挙げているが、今年10月の広告枠見直しにより広告収入が50%も伸びていることなどを考慮すると前倒しの達成が有力視されている。
 今期業績は、連結売上高289億円(前期比5.7%増)、経常利益は4億1000万円(同3.8倍)を計画する。ただ、ポータル事業の経費をかなり保守的に想定していることや、全社的な人員増なども多めに見積もっており、市場では早くも増額修正期待が浮上しつつある。
 ネット株の中でも材料性の強い銘柄として知られており、年末年始の中小型株相場をけん引する存在となりそうだ。動きだせば早い銘柄でもあり、早期の20万円回復も期待される。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制