ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > ギリシャ問題ときょうの相場について!

リアルタイム情報

ギリシャ問題ときょうの相場について!

ギリシャのパパンドウ首相がEUなどによる支援受け入れの是非について国民投票を実施する方針を表明したことで、再び欧州債務懸念が浮上して来ました。
国民投票で国民に負担を強いる赤字削減策が否決されたらIMFなどからの融資が実行されず、ギリシャがデフォルトに陥る公算が高くなってきます。

説明は大変ですが、国が破綻したら予算が組めない状態になり、国民生活は悲惨なものになります。
ギリシャ国民がそこまで考えて行動しているようには見えません。
ただ、世界の株式市場はギリシャのデフォルトはほぼ織り込んでいます(突然ではなく秩序だった破綻ですが・・・)。
少なくとも破綻は避けられないと読んでいます。

きのう日経平均は1.7%も下落しました。予想以上に下がったのはパパンドレウ首相が31日に、「国民投票を来年初めにも実施する考えを示した」からです。
昨日の「あしたのJC」でコメントしたとおりです。

昨日、欧米株は急落しましたが、東京市場はそうなることを先行して織り込んでいたわけです。
きょうは安くなりそうですが、大幅安にはならないはずです。
心配する必要はありません。様子を見ていてください。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制