ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > ウイズダムツリー小麦上場投資信託(1695)

リアルタイム情報

ウイズダムツリー小麦上場投資信託(1695)

記録的なサバクトビバッタとイナゴ蝗害(こうがい)、中国の大洪水で注目されそうです!

このところ軟調な動きですが、紹介時の株価(61円)は上回っています。
サバクトビバッタや中国洪水で検索したら分かりますが、今年から来年にかけては食糧危機になる可能性が強まってきました。
国連WFP(人道支援機関)はコロナの影響もあり、今年4月、食糧不足に苦しむ人が倍増し世界で2億6500万人になる可能性があると発表していました。
そんなこともあって、いま世界14か国以上(もっとかもしれません)で農産物の輸出制限が取られています。自国の危機に備えるためです。
制限しているところはロシア(世界最大の小麦輸出国)、ウクライナ、トルコ、インド、ベトナム、カンボジア、タイ、パキスタンなど。

その後、サバクトビバッタ被害(東部アフリカ、アラビア半島、インド・パキスタンあたりは壊滅的被害になっているようです)が起こり、今後も続きそうな状況になっています。
そして5月下旬からは中国での80年ぶりといわれる大洪水。
共産党政府が言論統制を敷き、洪水の実情を流したら逮捕すると発表していましたが、ほぼ中国全土(全27省といわれています)で発生しているため取り締まりが追い付かず、実情が知れ渡ってきました。

あの「三峡ダム」も崩壊の一歩手前まで来ています。さすがにこれについては共産党が全力で削除しているようで、動画は上がって来ません。
でもダムの上流にある重慶市(中国4直轄市の一つで人口3022万人、面積は北海道よりちょっと大きめ)は水浸し状態。動画から農産物は相当ひどい状態になっている可能性があります。
中国政府は植え付けた野菜などを掘り返し、穀物を栽培した農家には補助金を出すと発表していますので、先行きの深刻さは分かっているようです。
このほか中国ではバッタ蝗害(サバクトビバッタではなく中国独自のバッタ被害。南部や旧満州で起こっています)まで起こっていますが、サバクトビバッタ蝗害はアルゼンチンでも起こっているようです(船舶で媒介されたようです)。

4月に103円まで急伸したのは、コロナ感染で各国が鎖国政策を取り、国を跨いだ物流が出来なくなったのが原因のようです。
その後、大きく押しましたが、株価はなんとリーマンショック後の安値まで下げています。
これ以上下はないのではと見ています。
(株価62円-1円) 見切りライン56円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制