ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > インデックスHD(JQ4835) 資金繰りが危機的状況に!

リアルタイム情報

インデックスHD(JQ4835) 資金繰りが危機的状況に!

ストップ安で上場来安値を更新。少し長いですが読んでみて下さい。(株価2475円-400円)

5日受付の大量保有報告書で保有しているフィスコ(3807・HC)株式、さくらパートナー(札証8514)株式のすべてを借入金の担保に差し入れたことを明らかにした。

同社はフィスコ株5978株(保有割合17.90%)、さくらパートナー株227万1000株(同23.35%)をそれぞれ保有。このすべてを2月26日付で中小企業保証機構に差し入れた。資産価値は6日終値ベースでフィスコが4億9000万円、さくらパートナーが1億200万円。ちなみにフィスコが18日連続ストップ高記録にいったん終止符を打ったのが2月26日。

注目されるのはインデックスがお金を借りた相手。中小企業信用機構は一見すると公的機関のようですが、旧称はビービーネットファイナンス。旧称ビービーネットの中小企業投資機構(HC2318)、旧称アプレックの中小企業信用(JQ8489)らとともに中小企業○○機構の一翼を担っている企業。NISグループや日本振興銀行などとも絡んでいる集団です。

このようなところから借り入れているということは、インデックスの資金繰りは相当タイトと見る向きも。なおフィスコ株については昨年10月末付で全株式をあおぞら銀行に担保提供。2月4日に担保契約を解除してから3週間で新規差し入れとなった格好となっています。

フィスコ株は2月にチョウ・ヒジュン氏の大量保有判明をきっかけにストップ高街道を爆走。チョウ・ヒジュン氏の買いでフィスコ株の価値が高まったところで中小企業保証機構はインデックスにお金を貸した格好になっています。中小企業保証機構とチョウ・ヒジュン氏の関係はいかに。(Q)

以上はネット上に出ていた情報です(出所は日本証券新聞社)。
インデックス株にはかかわらない方が賢明でしょう。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制