ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > アクロディア(東マ3823) 急落の原因が判明!

リアルタイム情報

アクロディア(東マ3823) 急落の原因が判明!

同社株の急落の原因が判明しました。貸し株による売り崩しが原因だったのです。日本証券業協会の6/13報告分の銘柄別株券貸借残高によりますと、6/13現在でアクロの貸し株は計7126株になっています。自己の借り株が1516株。転貸の借り株が3862株。
詳細は来週、証券業協会に問い合わせしますが、7000株強の貸し株を使った売り崩しが急落の原因と思われます。貸し株はいずれ返済しなければなりません。
こういうデータが協会にあるということは知らなかったのですが、理由が分かれば恐れる必要はまったくありません。辛抱した甲斐があったようですね。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制