ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > み通しコメント プレシジョン・システム・サイエンス(M7707)

リアルタイム情報

み通しコメント プレシジョン・システム・サイエンス(M7707)

プレシジョン・システム・サイエンス(M7707)
底入れ反転の動きに変わろうとしています。ここは持続で!

続伸の動きです、
紹介時の株価(925円)を2円ほど下回っていますが、ここは持続で対処してください。

2020年12月中間期は売上高を37億円→45.24億円(同122%増)に、営業利益を2億円→4.22億円(前年同期は▲2.01億円)に、経常利益を1.75億円→4.13億円(前年同期は▲2.02億円)に増額する予想以上の内容でしたが、株価は逆に売られる展開となっていました(決算発表は2/12)。
理由はわかりません。通期予想を増額しなかったからか、地合い悪化かのいずれかが原因ではないかと思いますが、株価は既に下げ渋る動きに変わっています。

今期は売上高77億円(同51%増)、営業利益5億円(前期は▲0.82億円)、経常利益4.50億円(前期は▲0.91億円)と大幅増収、黒字浮上を見込んでいます。
その業績を会社四季報・春号は売上高85億円(同67%増)、営業利益7億円、経常利益6.80億円)に引き上げています。

テクニカル的には超売られすぎ状態となっていました。
高値からの下落率は75%超。これ以上は下がらないとされる「半値八掛け二割引き」以下に下がってから、反転しようかという動きになっています。
信用買い残は2.53倍とやや買い長で買い残が313万株ありますが、「貸し株」も343万株超出ています。需給は良好です。
(株価923円+33円) 見切ライン839円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制