ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > きょうの日経新聞に底入れをうかがわせる記事が出ていました!

リアルタイム情報

きょうの日経新聞に底入れをうかがわせる記事が出ていました!

今日の日経新聞の株式欄の「スクランブル」に、想定を超える急落で「逆張り」の個人に深手、との大きな記事が出ています。
「追い証の発生件数がかなり増えている。度重なる暴落で売りが売りを呼ぶ展開になった」とマネックス証券のアナリストは振り返る。
その後の文面で…
松井証券の店内では信用取引の買い方の信用評価損率が9日時点で25%強と2018年以来の低水準になったと出ていました。

先週5日の「マーケット解説」の「信用評価損率からも東京市場は底入れした可能性大です」のなかで、株式評論家の杉村富生氏が松井証券の信用評価損率が2月28日に28%になったと話していました。
マザーズ市場のことだと思いますが、これは追い証云々のレベルではなく担保が吹っ飛ぶ状態だったということです。信用で買っていた向きは投げざるを得なかったはずです。それがあの大幅安になったのだとみています、とコメントしていました。

この脈絡から考えて、25%超の評価損率は東証1部だとみられます。
これも担保が吹き飛ぶ水準です。
この面からみても相場は底入れしつつあるのではないかとみています。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制