ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > きょうしっかりなら、底入れした可能性が出て来ます!!

リアルタイム情報

きょうしっかりなら、底入れした可能性が出て来ます!!

米国の金融緩和縮小への懸念が市場を揺さぶっていますので、今週18~19日のFOMCが終わるまで、投資家は積極的な買いは手控えるはずです。
懸念されたSQが無事通過したので、今週からは需給的な相場下押し要因は小さくなってきます。先週末の米国株は下落しましたが、きょうは米国株やCME日経平均先物(大証終値比255円安の12515円)が下げたほど日本株は下げない可能性があります。

そのような動きになったら日経平均は13日に付けた12445円で底入れした可能性が出てきます。5月23日の急落から15日後に当たります。
ブラックマンデーのときは18日後に底いれしました。今回の下落率はブラックマンデー時ほど大きくありません。
下げが小さければ底打ちも速まります。
相場が上昇する過程で膨らんだ様々なポジションの解消売りが今回の株安、円高の要因です。それが完全に解消されたわけではありませんが、一つのよりどころとはなります。
期待したいところです。

【追記】
5月29日に今回の急落とブラックマンデー時の下げの比較をしてありますので、再度紹介します。

今回の急落は晴天の霹靂に近い下げといえます。同じようなケースは1987年10月20日に起こったブラックマンデーではないかと思います。
そのときは日経平均株価は21910円。前日比3836円安となりました。前日比では14.9%安。証券会社の株価ボードのほとんどがストップ安売り気配で終わっていたのを記憶しています。

しかし急落した翌日は一転して2037円(9.3%)高と大幅高、そしてその翌日は457円(1.9%)高、その次が▲1203円(4.9%)、その次が+97円(0.4%)、その次が▲1096円(4.7%)、その次が+632円(2.8%)、その次が▲257円、そして▲543円、+731円、+563円、+29円、▲298円、▲430円、+165円、▲158円、▲218円、▲731円、▲649円(ここが大底で、日経平均株価は21036円)。その後は多少の上げ下げはありましたが、順調に戻しています。

今回の下落幅は7.32%、ザラバ高値からは9.15%安となっています。ブラックマンデー時は大底を入れて落ち着くまで18営業日要しました(本当は年内いっぱい不安定な状況だったように記憶しています)。
今回はそんな強烈な下げではありません。
急落してからまだ4日目です。萎縮した投資家心理は4日間では改善しません。

ただ相場は下げ止まりつつあります。来週も底堅い動きが続くなら、心理は相当改善してくるはずです。
ブラックマンデー時は急落後、さらに下落し、安値をつけました。今回もその可能性は残っていますが、下がったとしても下値は限られる公算大とみています。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制