ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

リアルタイム情報

あしたのJC

本日の東京市場は6日ぶりに反発。大引けの日経平均株価は前日比40円(0.43%)高の9441円となりました。前日まで下げが続いていたことや、日経平均がチャート上のフシ目である200日移動平均線(9357円)を割り込まなかったため、下振れ懸念が和らぎ、自律反発機運が広がったようです。
ただ商いは低調。テクニカル的にはいつ反発してもおかしくない状況ですが、積極的な買い手は不在で、盛り上がりに欠ける展開が続いています。円高懸念に民主党政権の政策運営への不信感が加わり、増資ラッシュなども重なってこうした相場を現出してしていますが、いまの軟調相場の最大の原因はなんといっても民主党政権への不信感でしょう。
日経平均が下げに転じたのは衆院選で民主党が大勝した翌日(8月31日)からです。ザラバ値では同日の10767円を高値にものの見事に下げており、本日の安値まで13.0%も下落しています。
しかしそう悲観視する必要はありません。下げが限界近くに達しているからです。騰落レシオは63.3%と今年最低の水準まで低下、いつ反転してもおかしくない状況になっています。ましていまの相場は「正常な弱気」見通しではなく、「過度に悲観に傾いた見方」で形成されています。反転へのきっかけが掴みにくい状況ではありますが、買い場は近づきつつあると考えていいのではないかと思います。

個別銘柄についてです。
近畿車輛(7122)は「正念場に差し掛かる。株価の動きには要注意です」とコメントしましたが、引けにかけ戻してきました。まずは一安心。業績が業績だけに普通の相場環境だったら新値更新もというところですが、地合いが悪すぎます。値持ちが良かっただけに、株価の動きには今後も注意してください。
昨日紹介したネクスト(東マ2120)は15500円高の116000円までありました。昨日の始値より10%近く上昇しており利確も一法ですが、この地合いで急伸したりすることは他にも注目している向きがいるということです。来期で終わる中計が順調なら株価の位置は全然違ったものになると思いますので、ここは地合いの好転を待った方がいいように思います。
ネクストと一緒に紹介したセプテーニHD(JQ4293)はロスカット出来たでしょうか。見切りラインは27990円でした。損が少なかったらまた買うことも出来ます。反転しなかったのは充分下げてはいなかったということです。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制