ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

リアルタイム情報

あしたのJC

本日の東京市場は大幅に反発。大引けの日経平均株価は前週末比173円(1.67%)円高の10544円と、約1ヶ月ぶりの高値となりました。東京市場が5連休中に米株式相場が高値圏で推移したことで買い安心感が広がりました。4~9月期決算の権利付き最終売買日に当たり、配当取りの買いも入ったようです。
売買代金は概算1兆6518億円。SQ算出日を除くと8月4日以来の高水準となりました。米調査会社が2009年のパソコン出荷台数を上方修正したことでハイテク株が揃って買われたほか、FOMC後の声明でFRBが景気底入れを宣言したことで輸出関連株が上昇するなど、相場の雰囲気は先週あたりよりは良くなったように思います。あとはこうした動きが続くがどうかです。年末相場に向け期待したいところです。

さて個別銘柄についてです。
イーグル工業(6486)。長い下ヒゲを連続して引いています。下げ止まろうという動き。18日の490円で目先の底は付けた可能性があります。持続で大丈夫でしょう。
リベレステ(JQ8887)。高値もみ合いを上に抜けてきました。新値更新です。上げ足に弾みが付いてきたところだけに、ここは持続がいいと思います。
長野計器(7715)は大幅反発。先週の5連続安は異常でした。テクニカル指標も売られすぎ状態となっていました。こんご徐々に地相場の700円どころまでは戻すのではないかと見ています。
伯東(7433)は3日続伸。目先の底は入れたと前にコメントしましたが、その可能性がより強まったように思います。円高で恩恵を受ける企業。持続でいいと思います。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制