ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

リアルタイム情報

あしたのJC

何という相場でしょう。昨日大幅安したと思ったらすかさず切り返して来ました。米国株高が背景にあるとはいえ、本日の動きからは市場の買い気は思いのほか強いのではとの印象も受けました。材料性のあるものへの物色意欲は相当なものです。ベトナムの新幹線導入計画報道で車両メーカーが揃って買われたことからもそのことが窺えます。
外国人が買ってこなければ指数は上昇しませんが、材料性のある中小型株物色は今後も続くと見たほうがよさそうです。

さて個別銘柄についてです。
NIPPO(1881)は好業績銘柄として紹介した途端、急落に見舞われましたが、売り一巡後は順調に戻しています。やはり特殊要因による売りだったのでしょう。持続で大丈夫でしょう。
東亞合成(4045は推奨後、順調な展開が続いていますが、ここへ来て上げ足に弾みが付いています。ただテクニカル的に過熱感が出つつありますので、一段高したら外す方向で考えてください。
イリソ電子工業(6908)は8月11日に好業績銘柄として紹介しました。「窓」を開けて上昇したあと高値保ち合いが続いていますが、これは売り方と買い方ががっぷり四つに組んでいることを物語っています。下げないということは買い物がどんどん入ってきているからです。売り物が途切れたら上ということになるでしょう。持続です。
ムーンバット(8115)は8月7日に好業績銘柄として紹介しました。紹介後、堅調な相場が続いていますが、そろそろ利確を考えた方がいいのではと思います。大証2部銘柄で好人気がいつまで続くか読めないからです。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制