ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

リアルタイム情報

あしたのJC

強い動きです。日経平均は4連騰。
急ピッチな上昇に対する警戒感が意識され、上値を買い進む投資家はあまりいないように思いますが、それでもなかなか下げません。

テクニカル的にみても東京市場は過熱状態になっています。それで下げないのは下がったらすぐ買い物が入ってくるからです。
売り方の買い戻しやそれを見越した買いなのでしょう。

ただ本日の動きを見ていますと戻りいっぱいになった可能性もあります。
日経平均は一時243円高の8992円までありましたが、引けは108円高。騰落銘柄数で見ても値上がり754銘柄に対し値下がりが849銘柄と値下がり銘柄の方が多くなっています。

直近の信用売り残は16億9142万株。昨年10月のボトム時より58%も増加しています。このほかにも大量の貸し株が出ていたことを考えると、売り方の買い戻しはまだ道半ばといっていいかもしれません。

買い気が旺盛(?)なため調整はあまりないかもしれません。過去の経験則が通用しない可能性もあるということです。といっても高くなったところを買うわけにもいきません。買うのは過熱感がなくなってからのほうがいいと考えます。
休むも相場です。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制