ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

リアルタイム情報

あしたのJC

チャート的にもテクニカル的には東京市場は調整局面入りしそうな状況になってきました。
本当は本日、もっと下がって欲しかったくらいです。買い気が旺盛ですから、例え下がったとしても値幅の調整は大したことはないはずです。

ですから大きく下がったところは買い場だと思っていました。何を買うかが問題ですが、具体的にこれッというものはまだありません。

自動車やハイテクなど輸出関連は大きく上げました。不動産関連や売られすぎ銘柄群も同様。いまは買うのがないような感じですが、15兆4000億円の財政出動を予定している今回の追加経済対策関連は狙い目ではないかと考えています。

昨日は低位株が乱舞しましたが、これは新相場入りを示唆するシグナルと捉えるべきでしょう。ひととおり買われて物色対象がなくなったため低位株が物色されたわけですから。調整一巡後は戻りの第二幕が始まる。
長谷工やエスバイエルなどは押した場面があれば狙い目でしょう。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制