ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

リアルタイム情報

あしたのJC

相場が調整局面入りしたため多くの銘柄が同じような動きになっていると思います。本来なら一巡感が出るまで買いは控えるときでしょう。本日は会員欄で紹介した銘柄の見通しなどをお伝えしたいと思います。

ローツェ(6323)ですが、これはまったく問題はないでしょう。チャート上は高値保ち合いという形になっています。下げないだけ基調は強いとみていいのではないかと思います。PBRは0.32倍台で新興市場の不動産株並みの評価しかされていません。

東急不動産(8815)は本日の下げで過熱感は消えました。安いときから推奨していたのですが、現時点ではこうですとははっきりいえません。信用倍率は0.34倍と大幅な売り長。売り方は大きく持ち上げられた状態になっており、下がったとしてもそんなには下げないでしょう。一気に上げるというわけではありませんが、チャートからは上値余地はまだかなりありそうです。

有楽土地(8838)も安いときから何度も紹介していました。中期狙いでなくても大きく取れたと思います。過熱感はやや薄れました。あと2日くらい揉めば完全に消えますので心配するほどではありません。最大の難点は空売りが入らない点。需給面からは狙いづらい銘柄ですが、PBRは0.18倍台。いつ倒産してもおかしくない銘柄のPBRになっています。中期狙いなら全然問題はありません。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制