ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

リアルタイム情報

あしたのJC

東京市場は4営業日ぶりに反発。大引けの日経平均株価はゼン営業日比160円(1.86%)高の8801円となりました。バーナンキFRB議長が追加金融緩和に前向きな姿勢を示したことや、ギリシャがEU首脳がまとめた「包括策」を巡る国民投票を見送るとの観測から、欧米株が大幅に続伸。これを受け、東京市場でも投資家の心理が改善し、自動車や電機、機械など主力株中心に買われる展開となりました。

大引けにかけて日経平均は一段高となり、上げ幅を170円強に広げる場面もありました。外為市場で円相場が1ドル=78円台に伸び悩み、対ユーロでも1ユーロ=107円台後半に下落したことも支えとなりました。
ただギリシャを巡る投資家の不安や、円相場への懸念は根強く、買い手控えムードは残ったまま。
売買代金は概算1兆1531億円。
東証1部の上昇銘柄数は全体の76%にあたる1262、下落銘柄数は286、変わらず114でした。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制