ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

リアルタイム情報

あしたのJC

いい相場になってきましたが、一面では物色難の様相も呈しています。銘柄物色には細心の注意を払っていただきたいと思います。相場の地合いが良くなってきたとはいえ上がってきたものを買う場合は特に重要でしょう。

ACCESS(4813)は貸借銘柄ではないので需給妙味はありませんが、好業績、好チャートと2拍子揃っています。市場の目が東証1部を向いているため注目されにくいだけです。いずれは好実態が評価されるはずです。持続で。

ローツェ(6323)は煮詰まれば一気というチャートになっていると何度もコメントしましたが、煮詰まって上放れました。出来高が細いため思ったほどの上昇にはなりませんでしたが、一区切りついたのではないかと思います。あとは新興株人気が盛り上がってくるかにかかってきます。

長谷工(1808)。発行株数が大きいため一気というわけにはいきませんが、チャートは徐々に良くなっています。金融不安の後退とともに不動産株が見直される可能性は大。高いところを買われた方は持続で大丈夫でしょう。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制