ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

リアルタイム情報

あしたのJC

「本日もお疲れさまでした」のコーナーでもコメントしましたが、相場の先行きについては少し明るさが増してきたように思います。相場の過熱感も消えてきました。騰落レシオは91.0%と過熱気味でも売られすぎでもない居心地のいい水準まで低下しています。

ひょっとしたらきょうの上げは上値追いの第一歩かもしれません。1日が経過して劇的に変わった可能性が出てきました。

24日に個人投資家のお金が動き始めており、新興市場が狙い目とコメントしました。その考えはいまも変わっていませんが、1部市場が動き始めたのであれば、目は東証1部に向けざるを得ません。クライスラーの破産法申請でも米国株が下げないのであれば、米国株は想定される悪材料はほとんど織り込んでいるとみなければなりません。

とはいえ、やはりまだ一方向にはポジションは傾けられない段階ではないかと思います。なお、以前から指摘しているように、米国株が急伸する局面では迷うことなく付いていくべきでしょう。

朝一で好業績銘柄や増額修正した銘柄を紹介していますが、それらは数多くあるうちの一部を紹介したものです。決算発表たけなわになるとすべてをチェックすることは出来なくなりますが、少なくともチャートなどをチェックし、株価的に面白そうなものを載せています。成績は比較的良好だと思いますので、短期売買を考えておられる方は参考にされたらいかがでしょうか。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制