ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

リアルタイム情報

あしたのJC

本日の東京市場は続伸。大引けの日経平均株価は前日比64円(0.61%)高の10589円となりました。前日の米株高や原油先物相場の上昇一服を受けて投資家心理が改善。先物に売り方の買い戻しが増え、裁定買いが広がる展開となりました。
朝方、上げ幅が130円を超える場面がありましたが、時間外取引で米国株が弱含んでいることもあり、後場から戻り待ちの売りに押され、伸び悩んで引ける形。

中東・北アフリカ情勢は予断を許さない状況が続いています。今週11日には「怒りの日」としてサウジで大規模デモが呼びかけられており、また同日には株価指数先物・オプション3月物のSQ算出も控えており、様子見ムードの強い動きとなっています。
売買代金は概算1兆3533億円と低調。主力株への買いが盛り上がらないと日経平均も上昇しません。
サウジの問題があり、今週は動けない状況が続きそうです。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制