ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

リアルタイム情報

あしたのJC

日経平均は連日の新値更新。米政府が1日朝にGMの破産法適用を申請すると決めたことを受け、悪材料出尽くし感から後場に入って上値追いの展開となってきました。

でも東証1部が物色難という基本的状況は変わっていません。外国人投資家が買ってこないと東京市場は上がらないと見た方がいいのかもしれません。

いま元気なのは個人投資家です。このところ2週連続で大幅買い越しとなっています。政府の「信用保証制度】の拡充で、資金繰りが楽になった中小企業経営者が余剰資金を株式投資に振り向けているとの観測もあるくらいです。個人の買いを反映してマザーズ指数は8日連続、ヘラクレス指数は10日連続の上昇となっており、資金の回転に弾みが付いてきた感じもします。

3月安値からの上昇率はマザーズ指数が44.4%、ヘラクレス指数が45.1%。日経平均を大きく凌ぐ上昇率となっています。銀行の貸し渋りから「信用保証制度」が拡充された1998年終盤にもジャスダック指数は10数日続伸したことがありました。翌年にかけ大相場に発展したことはご存知のとおりです。

新興銘柄にも目を向ける必要が出てきたようです。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制