ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

リアルタイム情報

あしたのJC

本日の東京市場は反発。大引けの日経平均株価は前週末比86円(0.86%)高の10125円と、6月21日(10238円)以来の高水準となりました。外為市場で円相場が1ドル=84円台前半と2カ月ぶりの安値を付けたことを受け、電機や自動車株など輸出関連株を中心に買いが先行する展開。上げ幅は100円あまりに拡大する場面もありました。

前週末の米国株は下落しましたが、円安や米クリスマス商戦の出足が好調と伝わったことが買い安心感を誘ったようです。TOPIXコア30銘柄など主力株に買いが入っていたため、海外投資家による見直し買いが続いているとの声も出ていました。
ただ東京市場は調整を欲しがっている感じで、きょうの上げは意外感もあります。月末の株価水準を押し上げておきたいとの思惑から、ドレッシング(お化粧)買いも入っていたように思います。
売買代金は概算1兆1444億円と低調。騰落銘柄数は値下がり343に対し値上がりが1150銘柄。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制