ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

リアルタイム情報

あしたのJC

本日の東京市場は小幅に続伸。大引けの日経平均株価は前日比30円(0.31%)高の9861円となりました。円相場が1ドル=82円台に下落したことで輸出関連株が買われたほか、前日に続いてメガバンクを含む銀行株や証券株など金融株が上げる展開となりました。
ただ、韓国で今夜から20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)が始まるほか、オプション11月物のSQ算出をあすに控え模様眺めムードも強く、上値の重さも目立ちました。

日経平均のきょうの高安の値幅はわずか50円。今月2日から前日まで700円近く上げ、心理的フシ目の10000円をうかがう水準に達しているだけに、高値警戒感も強まっています。10000円を超えれば戻り売り圧力が強まるとの見方も強まっています。
売買代金は概算1兆2814億円で、騰落銘柄数は値下がり638に対し値上がりが875。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制