ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

リアルタイム情報

あしたのJC

東京市場は4営業日ぶりに反発。大引けの日経平均株価は前週末比131円(1.39%)高の9603円となりました。24日の欧米株式相場が大幅に上昇したことで投資家心理が改善、輸出関連の銘柄を中心に買い直す動きが優勢となりました。きょうは9月期末の権利付き最終売買日にあたり、配当や株主優待などの権利取りを狙った資金流入も株価を支えました。

ただ9600円台では戻り待ちの売りもみられました。米国の追加金融緩和観測を背景に円相場が1ドル=84円台前半で高止まりしていることが重荷となっているようです。本日の日経新聞が「武富士が会社更生法の適用を近く申請する方向で最終調整に入った」と報じたことで消費者金融株が急落しましたが、過払い金請求額は次第に減少しており、徐々に落ち着くのではとみています。
騰落銘柄数雨は値下がり241に対し値上がりが1328。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制