ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

リアルタイム情報

あしたのJC

明日のSQを控え売り方と買い方のせめぎあいが続いています。日経平均の大台乗せを前にともに必死になっています。
日経平均が10000円に乗せたら個人投資家の株を見る目が変わってくると見られるので期待したいところです。
さて紹介した銘柄の今後についてです。

16:45にワークスアプリケーションズ(JQ4329)が2万8066株(発行株式総数の6.06%)の自社株を6月30日に償却すると発表しました。償却でもその分発行株数が減りますから1株利益は向上します。あすの株価にはいい影響が出るのではないでしょうか。乞うご期待といったところです。

三晃金属工業(1972)は癖の悪い株です。そんなに利益は出ていないと思いますが、ここはわずかながらでも利確し、他に乗り換えたほうが賢明。
リケン(6462)は上値の重い動きになっていますが持続で。KOA(6999)と似たチャートになっています。過熱感がなくなったら一段高が有望という見方は変わっていません。

ACCESS(東マ4813)。新興市場に投資家の目はまだ向いていませんが、1部市場が手詰まり状態に陥ったら新興市場を見直す動きが本格化する可能性は充分あります。高いところを買われた方は持続で大丈夫でしょう。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制