ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

リアルタイム情報

あしたのJC

本日の東京市場は6日ぶりに反落。大引けの日経平均株価は前日比67円(0.67%)安の9999円40銭と1万円を割り込みました。前日までの5日間で628円上昇していた中、円相場がユーロやドルに対し強含んだことをきっかけに、利益確定売りが優勢となりました。
スペインなど欧州の財政不安がくすぶっているうえ、3連休明けの上海市場が一時、下げに転じたことも重荷になったようです。騰落銘柄数は値上がり531銘柄に対し値下がりが983銘柄。

引けで1万円を割り込みましたが、そう気にする必要はないと思います。628円上げて67円しか下げていないのですから。
東京市場は5連騰で一息つきました。1万円の大台回復で、目標達成感みたいなものも出ていましたので、市場参加者は、きょうは困ったのではないでしょうか。8:40ごろ紹介している「注目の厳選銘柄」で「本日はありません」としたのは、方向感を見極める必要があったからです。見通しが分からないとき無理して紹介すれば失敗するケースが多く、会員に迷惑をかけてしまいます。休むも相場といいます。

東京市場は落ち着きを取り戻してきましたので、物色の方向性が見えてきたら銘柄はいくらでも出てきます。輸出関連株か内需関連株か、大型株か中小型株か、はたまた新興銘柄か、売られすぎ銘柄か、調整一巡感の出た銘柄か、好業績銘柄の一本釣りか、いまはどこに行くか読めません。
ほとんどの企業で業績が急回復していますので、物色の方向性が掴めたらまたどんどん紹介したいと思っています。

本日は個別銘柄についてはありません。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制