ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

リアルタイム情報

あしたのJC

日経平均は4日ぶりに小反落となりました。大引けは前日比30円安の10721円。
このところの急ピッチな戻りを受けて(短期的な)高値警戒感がくすぶっていたことが買い手控えムードを強めたようです。本日から日米で金融政策を決定する会合が同時に開催されるので、リスクを取りたくなかったというのが本当のところかもしれません。

日経平均は昨年6月以降、10000円を挟んで上下1000円のボックス圏の動きが10ヶ月以上続いていますが、似たような動きは郵政選挙があった2005年にもありました。そのときは総選挙で自民党が大勝したことをきっかけに相場が急反転、9ヶ月間も上昇相場が続きました。7月末11899円だった日経平均は翌年4月には17563円まで48%も上昇しました。同じような動きになるとはいえませんが、こう着状態が続き、エネルギーが溜まっているのは確かです。
メインプレーヤーの外国人も日本株買いを積極化しつつあります。

個別銘柄についてです。
相場付きが良くなっているように思いますので、動きの鈍いのは整理して次の銘柄に乗り換えるようにしてください。
その意味で2月26日に紹介した日本鋳鉄管(5612)は乗り換えたほうがいいように思います。紹介値段は140円。本日終値は137円です。見切りラインは126円ですので持続したい方は持続でもかまいません。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制