ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

リアルタイム情報

あしたのJC

週末のメジャーSQを控えて様子見ムードが強く、上にも下にも動けません。本日の日経平均株価は前日比3円高の10563円。高安の値幅はわずか41円で、昨年12月21日以来の小ささとなりました。東京市場は海外市場に左右される主体性のない展開が続いており、米国株が上昇しなければ上がらない構図になっています。

寄り付き前の外国証券経由の売買動向は本日も買い越し。買い越しはこれで5日連続となります。先日、昨年新規公開した半導体製造装置メーカーのIR担当役員に取材したのですが、日本企業は業績が急速に良くなりそうだから、ロックアップが切れてベンチャーキャピタルが売ってきたら、全部買い取ってもいいとロンドンで機関投資家に云われたそうです。似たような記事は日経新聞にも出ていました。
外国人は今年は世界景気が回復するから、世界でもっとも上昇する市場は日本だと考えています。先を見ている投資家は日本株に期待している、ということでしょう。

個別銘柄についてです。
荒川化学(4968)は1028円で紹介しましたが、見切り価格の980円を1円下回ってきました。業績は申し分ありませんが、あす反転しないようであれば見切ってください。
ミスミグループ本社(9962)は紹介後、順調に上昇していますが、グッドニュースです。四季報速報版が「受注が尻上がりに回復、業績回復に勢い」と伝えています。先行きが楽しみになってきたようです。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制