ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

リアルタイム情報

あしたのJC  

 日本時間の今晩にGMとクライスラーの再建計画が提出されるということもあって見送り色の強い相場になっています。両社が実効性の高い再建計画を提出できない場合は経営破綻が現実味を増します。ウォールストリート・ジャーナルが報じているように米連邦破産法11条を申請する可能性もあります。それゆえ売りにも買いにも動けない状況ですが、株価は実は正念場に差し掛かっています。
 日経平均は昨年11月20日につけた安値7703円を本日割り込みました。これにより10月27日の7162円を底にしたリバウンド相場は11月5日の9521円で終了、新たな下げ波動に入った可能性が強まってきました。7703円は重要な価格だったのです。チャート分析上は7162円を割り込んで一段安となる可能性が出てきたといえますが、本日はGMなどの再建計画提出を前に市場参加者が身動き出来なかった日でもあります。
 本日は見送りムードの強い動きでしたから、買いはあまり入っていなかったと思います。本来の動きはあす分かるでしょう。ただ悪い方へ転んでも底割れするようなことはないと考えています。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制