ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

リアルタイム情報

あしたのJC

本日の東京市場はどう表現したらいいんでしょう。小幅ながら4日続伸ですが、日経平均の上げ幅は1円にも達しません。買い手掛かりに欠け、1061銘柄が値下がりするなか、ファーストリテイリングや一部の値がさ株の上昇でかろうじてプラスを維持する形となりました。ファーストリテイリングの上昇分が9円強ありますので、それを除くと日経平均はマイナスになった計算になります。
売買代金は概算1兆1447億円と極めて低調。昨日を除いて値下がり銘柄数が4日連続で1000を超える全面安の展開が続いています。4日続伸となっている指数と実勢相場とはまったく違う動き、これが今の相場の特徴です。
底入れしたかにみえた銘柄が買いが入らず一段安になるような状態で、個人投資家には厳しい相場になっています。ただ個別で見ればいつ反転してもおかしくない銘柄も多数出ており、買い場が近づいていることも事実。追い証絡みでオーバーシュート気味に下げている銘柄などには目を向けたほうがいいでしょう。

さて個別銘柄についててです。
旭ダイヤモンド(6140)は14:00過ぎから急落してきました。それもあっという間。見切売りが一斉に出てきたようです。見切りラインは599円に設定していましたが、逆指値を入れてなかったら多分売れなかったでしょう。サプライズの増額修正を発表しているだけに、ここまで下がったら持続して様子を見たほうがいいでしょう。

ウエストHD(1407)は大幅安。会社側に取材しましたが、特段の悪材料はありません。買い物は入らないため下げがきつくなっているようです。出来高が膨らんでいないので悲観する必要はないと考えます。受注は想定以上のペースで伸びており、今期業績は大幅増額の可能性も充分あります。持続でいいと思います。

タカラトミー(7867)は12円高。本日の地合いを考えれば上出来でしょう。発表された決算も悪くありません。営業利益は前期比2倍増予想。今期は2期ぶりに過去最高益を更新します。あすが楽しみです。
本日はほとんどの銘柄が安くなっています。直近で上がった銘柄ほど下げもきつくなっています。こういうときには慌てて売ってはなりません。ここは我慢です。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制