ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

リアルタイム情報

あしたのJC

本日の東証市場は反落。大引けの日経平均株価は前日比126円(1.29%)安の9717円と、10月6日以来約1ヶ月ぶりの安値で引けました。前日のNYダウの上値が重かったこと、アジアの主要な株式市場が総じて軟調だったことが響きました。
国内には独自の買い手掛かり材料が乏しく、外部環境に左右される動きが続いています。今週末発表の米雇用統計を見極めたいとする投資家も多く、商いは低調。

個別銘柄についてです。
中山製鋼所(5408)は11月2日に140円のとき紹介しました。全面安となっていますのできょうの下げは仕方ありませんが、一時年初来安値を更新する場面がありました。株価は売られすぎ状態にあり持続でいいと思いますが、見切りラインは129円に設定してあります。下回ったら売るようにしてください。

住友ベークライト(4203)も下げました。一時407円まであり10月29日に付けた最近の安値を下回る場面もありました。決算はあす13:00台に発表されます。中間期を大幅増額しており通期でも増額される可能性は充分あります。ここからの一段安は考えにくいので持ち株は持続でいいと思います。なお見切りラインは399円です。
タカタ(7312)はいい決算を発表しました。リアル情報でも好決算を期待し持続とコメントしましたが、その期待を大きく上回る内容。地合いが悪くならなければ一段高しそうです。

日軽金(5701)は1円安。きょうの地合いを考えたら悪くはありません。底練りの動き。地合いが好転したら戻す公算大です。持続でいいと思います。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制