ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

リアルタイム情報

あしたのJC

本日の東京株式市場は大幅に3日続伸。大引けの日経平均株価は前日比173円(1.68%)高の10443円とこの日の高値で引けました。形の上では強い引けです。3日続伸となるのは約1ヶ月ぶり。
欧米の主要株式市場が揃って上昇したことが海外勢の投資心理を明るくしたようですが、国内投資家は鳩山新政権の政策手腕を見極めたいとして様子見気分の強い一日だった、そのような動きでした。いまは新政権に対する不透明感が払拭されるのを待つしか手はないように思われます。

さて個別銘柄について。いまは先物主導で株価が上下していますので指数と全体相場はまったく違うということをまず認識してください。
日本合成化学(4201)は小安くなっていますが、紹介時の水準は上回っています。紹介後、新値更新という場面もありましたが、いまは地合いに引きずられている形。ここは持続して地合い好転を待つところでしょう。
日本曹達(4041)は推奨時より少し下げてしまいましたが損切りラインを下回るほどの下げではありません。業績面には特段の問題はありませんので地合いの好転を待ったほうがいいでしょう。

TOWA(大証1部6315)は中期スタンスなら持続と紹介している銘柄。昨日、ここからの新規買いもOKと、再度、買い推奨しました。LED関連で業績は飛躍的に好転する可能性を秘めています。持続で問題ないと思います。
住友軽金属(5738)はこすくい狙いとして紹介しています。派手さはありませんが、90円~92円で仕込めたらそれなりの値幅は取れるのではないでしょうか。2週間から1ヶ月程度はみなければなりませんが・・・。
伯東(7433)は底を入れた可能性がより強まってきました。円高で恩恵を受ける企業です。持続で大丈夫でしょう。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制