ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

リアルタイム情報

あしたのJC

本日の東京市場は大幅に反落。前日の米株安をきっかけに主力株中心にほぼ全面安の展開となり、日経平均は前日比249円(2.37%)安の10280円と8月21日来の安値で引けました。8月の米ISM製造業景況感指数が改善したにもかかわらず、1日の米株式相場が大幅に下落したことで利益を確定しておこうとする動きが広がったことが下げを大きくしたようです。週末のG20財務相・中央銀行総裁会議で金融機関に対して規制が強化されるとの懸念から銀行や保険といった金融株も揃って売られるました。

日経平均はチャート上のフシ目の25日移動平均線を約1ヶ月半ぶりに割り込みました。NYダウも調整色の強いチャートになっていますので今晩の米国株の動きには要注意でしょう。ただ世界経済は回復途上にあり、日経平均が大きく下落することは基本的にはないとみています。10000円近くまで下がったら格好の買い場ではないでしょうか。

さて個別銘柄です。
日本曹達(4041)はサポートラインの75日線を割り込んできました。本日の地合いでは仕方がないでしょう。見切りラインは419円です。紹介時の466円から大きく下げているわけではありませんので、ここは様子を見てください。見切りラインを下回ったらロスカットがいいでしょう。

ヴィレッジヴァンガード(JQ2769)は逆行高。下げなくなりました。売りたい向きがあらかた売ったからでしょう。8月の下げは天候不順を懸念したものだった可能性があります。基本的には業績は好調で成長性も損なわれていません。持続でいいと思います。
ビック東海(JQ2306)は小幅高。好業績銘柄として8月25日に紹介したあと高値でほぼ横ばいの動きが続いています。チャートからは利益確定売りをこなしている形。もみが煮詰まればというか、売り物が途切れたら一段高の可能性が強まってきます。持続で大丈夫でしょう。

ネクスト(東マ2120)。この地合いで続伸です。一足早く調整を入れたからでしょう。今の相場環境では一段高が見込める状況ではありませんが、昨年10月の13810円を底にした上昇トレンドは崩れていません。持続でいいと思います。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制