ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

リアルタイム情報

あしたのJC

東京市場は反落。大引けの日経平均株価は前日比37円安の10530円となりました。10500円台を回復するのは2日ぶり。一日おきに上げ下げを繰り返す「鯨幕相場」は8月14日以降、13日目となります。民主党による政権交代の動きを見極めようと様子見気分が強いなか、前日に急落した上海市場の持ち直しが相場を支える形となりました。
目新しい材料はなく、売買代金は概算1兆2030億円と1ヵ月半ぶりとなる低水準。民主党政権の人事が決まり、政策の中身が分からない段階では動きようがないのでしょうか。
従来型の来年度予算の「概算要求」は白紙に戻されました。新政権による新たな予算編成の指針は来月初旬に提示されるそうです。

個別銘柄についてです。
ミサワホーム(1722)は上値の重い動きが続いていますが、下値は少しずつ切り上げています。中期でじっくり取りたい方向きの銘柄ですので、ほったらかしておいても大丈夫です。
サムティ(HC3244)は上がりもしませんが下げもしません。極めて狭いレンジの動きとなっていますが、チャートは悪くありません。経営的には最悪期を脱し、利益の出る体質に変わっています。PBRは0.40倍は売られすぎです。「死からの再生」がまだ信じられないのでしょう。近いうちには一段高の可能性も充分あります。持続です。

クックパッド(東マ2193)は8月25日に25550円で紹介してから順調に上昇しています。基本は持続ですが、紹介時より3割近くも上昇していますので、利確もOKです。
ACCESS(東マ4813)は8月25日に「底を入れたようです」と推奨しましたが、27日には24日の安値250300円を維持できるかがポイントとお伝えしてきました。昨日と本日の朝方、その水準を割り込みましたが、サポートラインの75日線が下から迫っていたこともあり、すぐ反転に転じています。上昇トレンドも崩れていません。業績面には特段の問題はありませんので、まだお持ちの方は持続で大丈夫だと思います。

9月1日より、「注目の厳選銘柄」の配信時間が朝8:30に変わりました。これに伴い銘柄配信サービスを開始いたしました。携帯電話への配信も行っておりますので、ご希望の会員様は「入会のお申し込み」フォームにてご登録下さい。料金は無料です。
ご質問がございましたら電話、メールにて承ります。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制